• インタビューPRE

  • 求人情報N.Sさんの趣味N.Sさんのオフのお楽しみは、友人との夜釣り。尾道の綺麗な海で、波の音と潮の香りを満喫しながら大物を狙います。
    田熊プラントサービスには、いろんな業界からの転職者がおられますが、N.Sさんもまた、変わった経歴をお持ちなんですよね。

    はい、ちょっと異業種かもしれませんね。私の前職は、福岡にある資産運用の会社でして、いわゆる先物取引です。そこの営業部に約5年間勤めていました。近年、法規制の取り締まり強化に伴う業績の悪化で、年々営業成績のノルマがきつくなっていきました。今後、ますます厳しくなるであろうこの業界の将来性などを考えて、思い切って営業以外の職に就こうと決心しました。それで、検索サイトを使って自分の地元の広島に絞っていろいろ探していると、田熊プラントサービスという福利厚生が充実している会社を見つけまして、面接を受けてみることにしたんです。

    受けられた面接での会社の印象や、入社前と後で、違った印象などは?

    面接では、バイオマス発電の話に興味を持ちました。たとえば東日本大震災で原発が稼働できなくなって、再生可能エネルギーのひとつであるバイオマス発電が、今後ますます注目されていくだろう、ということ。また、ボイラープラントのメンテナンスのことなど、話を聞いていてとてもスケールの大きい仕事なんだと思いました。前職とは仕事内容がまったく違うけど、大きな可能性を感じて好奇心が湧いた、というか。とにかくこの業界に飛び込んでみよう、と。しかし実際に入社してみて、当初は戸惑うことばかりでした。

    まず、工具ひとつの名前すらわからないんです。それに現場での職人さんの話が理解できないし、作業の段取りも思ったようにできず、しばらくはよく職人さんに叱られました。でも新鮮だったのは、チームプレイで仕事をこなしていくということ。前職ではすべてのことがワンマンプレーでしたから。無事に仕事が終わった時の、みんなで感じる達成感は格別でした。また、現場でひとつひとつ仕事を覚えていき、職人さんとのコミュニケーションが取れるようになり、最近では現場で任される範囲が増えてきて、これもうれしい充実感ですね。前職ではなかった経験です。

    現在取り組んでおられるお仕事とか、今後チャレンジしていきたいことなど。

    今は、工事の書類制作や工事の見積もり作成などを任せてもらっています。今はチャレンジ、というより現場での基礎的なことをもっと勉強していきたいと思っています。そして、社内で憧れている先輩がいて、自分もそんな先輩になっていきたいですね。

    それでは、今、転職を考えている人に、御社のPRをしてください。

    まだ入社10ヶ月の私が言うのは少々憚れる思いですが、現場では常に発見があり、好奇心をずっと持っていたいと思っています。転職を検討中の方も、新しい職場に対して大いなる好奇心、それとチームワークで得られる達成感を、田熊プラントサービスでぜひ味わってほしいです。


    求人情報N.Sさんの趣味N.Sさんのオフのお楽しみは、友人との夜釣り。尾道の綺麗な海で、波の音と潮の香りを満喫しながら大物を狙います。
  • インタビューNEXT