• 大阪求人インタビューPRE005
  • K.Rさんは、幾つかの仕事を経験された後に、田熊プラントサービスに入社されたんですね。

    ええ、そうなんです。某携帯電話会社とか食肉加工会社、それから一日中冷凍庫の中で作業するという会社に勤めていたこともありました。ただ、どの会社も給与面が厳しかったんです。すでに結婚していましたし、子供の事とか将来の事を考えるとかなり不安でしたね。で、そんな時に知人から「良い会社があるよ」と紹介してもらったんです。

    それが田熊プラントサービスだったんですね?実際に、どんなところが良かったんですか?

    やっぱり給与面ですね。ほかと比べても破格でした。あまり具体的な数字は言えませんが(笑)。家内も喜んでくれているし、今はとても満足していますよ。それから仕事面でも、毎日がとても充実しています。普段は、おもしろい先輩たちとワイワイ、まるで高校生の時のような雰囲気なんですよ。僕は小さい時から野球をやっていたので、この体育会系のノリが自分に合っているんですかね。ただ、現場に入ると、この空気は一変します。もちろん現場でも先輩たちはやさしく指導してくれますが、時には厳しく叱責されたりも。社外の人たちとの作業も多く、危険な作業もありますから、変な甘えは許されませんよね。今思えば、その厳しさもいい勉強になっていると思います。

    現場でうまくいったこと、失敗したことは?

    失敗したことといえば、業者さんとのコミュニケーションがうまくとれず、連携ミスで仕事が止まってしまったり、逆に、勝手に作業が進んでしまったことですね。あの時は大いに焦りました。ほかにもいくつかありましたが、そうした経験で学んだことは、常に先のことを考えて準備するとか、たくさんの人たちとのコミュニケーションを大事にするということ。それから現場の終了時や次の現場での安全対策は「完全」「万全」を期すこと。これらは、いつも楽しい先輩から教わったことで、自分も以前の仕事ぶりから比べると、多少は「完全」「万全」に近づいているかな、と実感しています。自己評価ですか?今後の成長に対する期待も込めて120点で!(笑)

    今、このHPをご覧の方に、御社のことをアピールしてください。

    先ほども言いましたが、うちの会社はとにかく明るくてアットホームです。上司・部下の関係でも分け隔てなく、些細なことでもしっかりコミュニケーションをとっています。もちろん、仕事に対しての個々の意識の高さ、責任感も必要ですが、ひとつの目標に向かってみんなでがっちりスクラムを組んで行動する。それが無事終了した時の達成感・充実感はなにものにも代えがたいです。ぜひ、僕たちと一緒にその充実感を味わってほしいですね。




    求人インタビュー KRさんの趣味趣味は、学生時代から長年続けている野球。ポジションはピッチャー。甲子園には行けなかったものの、地方大会では大活躍をしたそうで、「社内でチームを作ろう!」と、かなり盛り上がっているそうです。
  • インタビューNEXT007